読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こるりと慶應通信

慶應通信文学部第3類 2015年秋 学士入学 勉強の記録

意外すぎるレポ講評

フランス語第三部のレポ(第一回)が返却されたのですが……
講評がフランス語でした汗
しかも筆記体……
さっぱり解読できず、
「いやいやいやこんなエレベーターの中じゃなくて座って落ち着いたら分かるでしょ」と持ち帰るも、
「だいたい○○だけど△△が残念」
しか分からず。。。肝心のところが読めない。。。
一応合格なのですが、一体何が残念なんだ~!!!
本文中の書き込みに至っては、一語も分からない……

筆記体って、相当その言語が分かって、
単語レベルでも文レベルでも自分で補足できないと、
こんなに読めないものなのですね。。。

ここ数週間フランス語に触れていなかった罰でしょうか。
もうちょっと頑張ってみてダメだったら、
フランス語のできるご学友の力を借りるしかないかもしれません……

kccを見ると、第二回も合格になっていました。
こっちもフランス語なのかな……
これであとは試験だけなので、そろそろフランス語も再開しないと……